2014年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

グロースハッカー

「AARRR」モデル徹底解説

pLucky

1
​ ​ ​

2012年末から日本国内でグロースハックという言葉と共に耳にする機会が増えた「AARRR」。グロースハックの前提となるデータ分析のフレームワークであり、これを日本のスタートアップ業界に広める一翼を担った、ユーザー行動分析ツール「SLASH-7」を提供するpLucky代表取締役林宜宏氏に話を聞いた。

AARRRとは
データ分析のフレームワーク

まずAARRRとは何か。その起源を林氏に聞いた。

「AARRRを最初に提唱したのは米国の著名シードアクセラレーター『500startups』のDave McClure氏と言われています。2007年頃の話です。ユーザーの状態を5つに分け、それぞれで取得するべきKPIを指摘しました。ユーザーの状態ごとにKPIを設定するデータ分析のフレームワークとして提唱されたのがAARRRです」。

たしかに今までもKPIの重要性は語られてきた。AIDMAやAISASのような体系だったフレームワークが生まれたことで、整理しやすくなったと林氏は語る。従来のマーケティングの最大の違いは、フレームワークで整理されたことによる理解されやすさだと言う。AAARRRそれぞれの段階について、解説を聞いた。

残り76%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる