2013年11月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ビッグ・データ チャンスをつかむ活用法

未知の市場の「勝算」を解明

広瀬穣治(伊藤久右衛門 事業統括本部本部長)

1
​ ​ ​

1932年創業、京都・宇治に直営店2店舗を構える老舗茶屋の伊藤久右衛門。2012年5月からは、新ジャンルとなるアルコールの製造・販売にも本格参入した。新商品開発へと踏み切るきっかけとなったのが、ビッグデータの分析だった。

042-100.jpg

新ジャンルのお酒ブランド『夜半のみどり』。宇治抹茶×チョコのお酒、宇治抹茶×純米酒、宇治抹茶×梅酒など、斬新なコンセプトの商品を開発した

10月2日には京都駅前に新店舗をオープンする老舗茶屋の「伊藤久右衛門」。同社は、2012年5月、アルコールという新分野にも進出した。その背景にあったのが、ビッグデータの分析である。

データ分析の責任者を務める事業統括本部本部長・広瀬穣治氏は、自身の就任後、業務システムのパフォーマンス向上策としてウイングアーク社のビジネス・インテリジェンス(BI)ツールを導入した。

それにより、通販サイトのアクセスログや顧客データなどの分析が可能になり、米酒や梅酒、チョコレートなどを宇治抹茶にブレンドした新ジャンルのアルコール市場での勝算を見極められたのである。

「一時のブーム」ではない根拠

伊藤久右衛門は約10年間、宇治抹茶スイーツを中心に市場を開拓してきた。過去の販売データや顧客データをなぞるだけでは、「新ジャンルの開拓」という答えには、たどりつけないはず。

広瀬氏はなぜ、この新市場に「勝算あり」と見込めたのだろうか。

伊藤久右衛門 事業統括本部本部長
広瀬穣治

きっかけは、地元の酒蔵と共同開発した、抹茶と純米酒をブレンドした「夜半のみどり」だ。2012年の母の日から第1弾のテスト販売を開始したところ、即時完売が続き、テストで用意した生産ラインが間に合わないほどだった。結果、6ヵ月間で約5000本以上を売り上げるヒット商品になった。

残り66%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる