経営センスを錬成する文脈力

論理を獲得する"文脈の豊かさ"

「担当者」と「経営者」は異なる。

担当者の仕事であれば、スキルがあれば何とかなる。しかし、スキルだけではどうにもならないのが経営者の仕事だ。「センス」としかいいようがないものが勝負の分かれ目になる。ゼロから1を生む「事業構想」となるとなおさらだ。

センスとは「文脈に埋め込まれた、その人に固有の因果論理の総体」を意味している。平たくいえば、「引き出しの多さ」。すぐれた経営者はあらゆる文脈に対応した因果のロジックの引き出しを持っている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。