2013年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

東北の新興プロジェクト

「普通のお母さん」が築く未来

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

被災地の起業家600人の輩出と雇用創出を目指し、各300万円を上限にヒト・カネ・モノの支援を行う「復興支援型地域社会雇用創造事業」が、これまで特に就労の進まなかった女性や高齢者が働きやすい、地域の「小商い」をつくり出している。

子育て主婦も働ける工芸品づくり

宮城県南三陸町で、震災前から盛んだった「まゆ細工」は、繭玉を使ってキーホルダーや壁掛けなどをつくる手仕事だ

宮城県南三陸町では、震災前から盛んだった繭玉を使った工芸品「まゆ細工」をつくる主婦・松岡ゆかり氏が助成対象に選ばれた。仮設住宅に住む一見普通の「お母さん」の起業は地域に大きな刺激を与えた。現在女性3名が雇用されているが、就労時間を1日3時間にしたため子育て中でも働きやすいと好評だ。3名全員が震災後初めての就労で、一般企業は就労時間が固定的なため踏み出せなかったという。

残り69%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる