2013年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

バイオミミクリーは世界を救う

身近にあるバイオミミクリー

月刊事業構想 編集部

1
​ ​ ​

日本では生物・植物の機能、構造からヒントを得た製品が意外に多い。

家電、繊維、スポーツ用品、塗料、建材など幅広く存在する生物模倣技術を紹介する。

扇風機/洗濯機
イルカの機能で洗浄力20%アップ 柔らかい風を生み出す蝶の羽

018-02.jpg

洗浄力15%アップ、洗浄ムラ30%減、2リットルの節水を実現した、イルカの構造を利用した洗濯乾燥機(写真提供:シャープ)

13種類もの生物模倣技術を利用しているのがシャープだ。

エアコンなどのファンの開発にはアホウドリの翼、イヌワシの翼、アマツバメの翼の平面形を応用。断面形はギンヤンマの羽をヒントにしている。ほか、扇風機などのファンには蝶のアサギマダラの羽、サイクロン掃除機のゴミの圧縮ブレードにはネコ科動物の舌の表面構造を使っており、ヘルシオ炊飯器の攪拌ブレードもペンギンの翼や円環状に泳ぐ魚群のしくみを使っている。

またロボット掃除機のエコーロケーション(反響定位)にはイルカやマッコウクジラなど歯クジラ類の性質を活用し、そのほかヒマワリの種の配列や蛾の目、さらに生物ではないが台風の渦、河川の流れ、夕焼けなどの自然現象からも開発のアイデアを得ている。

残り89%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる