ときには社員の敵として矢面に立つ覚悟

『ゴホン!といえば龍角散』―明治初期創業、日本人ののどを守ってきた同社の8代目は、音楽大学でフルートを学び、現在もオーケストラを教える異色の経歴の持ち主だ。社内の反発をものともせず、業績回復、新商品開発と会社を牽引する力の源泉に迫る。

江戸・明治は医療機関が未発達だったため、同社のような家庭薬が庶民の健康維持に重要な役割を占めていた。戦後、保険制度などの発達により同社の製品が果たす役割が極小化。藤井・現社長は「予防」に新たな活路を見出した

118-05.jpg

江戸時代から伝わるナノテクノロジー

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り87%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。