2013年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

Amazonが狙う業界構造革命

キンドル発売で広がる「電子書籍の未来」

月刊事業構想 編集部

1
​ ​ ​

日本の電子書籍は、長く話題先行の状態が続いている。しかしキンドルの発売によって、日本でも電子書籍のマーケットが、動き出す可能性がある。それは、現在の出版のあり方に大きな変化をうながし、セルフパブリッシングを加速させる。

「キンドル」の発売によって、長く低空飛行が続いていた日本の電子書籍マーケットが、本格的に立ち上がろうとしている。作家・ジャーナリストの佐々木俊尚氏は、キンドルの可能性をこう語る。

「今までの電子書籍リーダーは、購入やログインの方法に分かりづらさがありました。しかしキンドルは、ワンクリックで手軽に利用できる利便性があります。もともとアマゾンを利用しているユーザーは多く、そうした人たちが自然にキンドルに流れやすい。デバイスだけでなくアプリのキンドルも含めて、数年後、利用者が1000万人に届く可能性は十分にあると思います」

要約版など「短い本」が新たな市場を生み出す

では、電子書籍が本格普及することで何が変わるのか。現在の市場規模では採算がとれなかった、新しいビジネスも生まれることになる。

残り71%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる