大きな可能性を秘めた北海道ブランド

日本を代表するシェフ、三國清三氏が世界トップクラスと認める北海道の食材。三國氏は、そのポテンシャルを活かすために、より効果的なPRが求められると指摘する。

084_01.png

北海道留萌支庁管内増毛町で生まれ、中学卒業後から18歳まで札幌で過ごした三國清三シェフ。"北の迎賓館"とも呼ばれる札幌グランドホテルで料理人として歩み始めた三國氏は、北海道の食材を絶賛してやまない。

「北海道は周囲が海で風通しが良く、海水のミネラルを多く含むので土壌も豊か。料理に塩を入れたら味が濃くなるとの同じ効果で、海産物も野菜も家畜も濃厚な味がする。日本で最も濃い、豊かな味がすると思う。例えば赤福や博多明太子の原料も北海道の食材を使っているし、私の店でも羊や鮭や野菜など北海道の食材を色々使用している。

1 2

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り82%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。