音声合成技術 進化の行方

058_01.jpg

電子的に声を生成する技術には、様々な利用法がある。それは悪用も可能であり、「正の側面」だけでなく、「負の側面」にも目を向ける必要がある。

我々は、肺、声帯、舌、口といった器官を巧みに操ることで、声を出したり歌ったりする。各器官の大きさなどの物理的条件により、個人の声色が決まり、さらに話し方なども加わって、声のアイデンティティが確立される。

音声研究には膨大な蓄積

さて、声というものは我々には欠かせないものであり、日々の生活の至る所に溢れているわけであるが、その中に人工的に作られた声が混ざっているのにお気づきであろうか?

機械を用いて電子的に声を生成する技術は「音声合成技術」と呼ばれ、近年ではより多種多様な応用例において実用化がなされている。世の中に急速に認知された「初音ミク」の歌声も、その中の一つである。

1 2

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り82%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。