アメリカ型のプレゼン構造と定番フレーズ 第1回

brandon_ogp.png

ビジネスの場が海外となるケースが多い昨今、日本語と英語のプレゼンテーションの 文化の違いを押さえることが必須となっている。 英語プレゼンには一定の「型」があり、まずはそれを押さえることが重要だ。

アメリカではそれぞれのプレゼンターの〝個性〞によって内容が異なりますが、それでも定番とされる構成や決まり文句があります。今回は実際にプレゼンを作成する際に知っておくと役立つ構成とプレーズをご紹介します。英語に苦手意識を持っている方でも、こちらの基本的な内容を抑えるだけで、クオリティーの高いプレゼンを提供する事が可能です。2回にわたり、お届けいたします。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り87%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。