米大学リーグ・MLB・日本野球の収益構造を比較

topic6.jpg

カレッジフットボールの年間放映権料は約200億円―日本では考えられない資金が、アメリカのスポーツを勢いづけている。
そこには、テレビ放映権料の高騰と収益構造の違いがある。


昨年12月、カレッジフットボールの名門オハイオ州立大が、かつてフロリダ大などで指揮を執り、実績を残したアーバン・メイヤーを400万ドルという年棒で、フットボールチームのヘッドコーチに招聘した。成績などによってさらに50万ドルのボーナスが支払われ、プレイベートジェットの使用までが条件に含まれている。

公平分配型のフットボール業

米全国紙「USA TODAY」によれば、有名大学のフットボールチームのヘッドコーチの年棒は、昨年と比べるだけでも、35%もアップしたそうだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。