「スター」を売って「新人指名権」に懸ける MLB流マネジメント術

イチローの放出で、マリナーズが得られる金銭的な対価はたかが知れている。
なぜ、イチローを手放したのか。移籍の流れが作り出された背景には、球団格差の問題がある。

イチロー選手がヤンキースに移籍したことが大きな話題となった。同選手が記者会見で述べたように、「一番負けているチームから勝っているチームに行く」ことになったわけだが、これはMLBでは「貧乏チームから金持ちチームに移籍する」こととほぼ同義だ。

ヤンキースとマリナーズの球団収入と年俸総額を比較すれば、その違いは一目瞭然だ。マリナーズの2倍以上の収入を得るヤンキースは、マリナーズの球団収入に匹敵する金額を選手年俸に充てている(図参照)。

topic4_graph1.png

イチロー選手の今年の年俸は1800万ドル(約14億4000万円)と報じられているが、 今回の移籍でヤンキースが負担するのはその8分の1の225万ドル(約1億8000万円)に過ぎない。

つまり、マリナーズが手にする金銭的な対価はたかが知れているのだ。では、マリナーズはこのトレードで何を手にするのだろうか?

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。