異例づくめの電撃移籍、その舞台裏

球団社長、代理人、GMが隠密裏に交渉

球団社長がイチローの希望に沿った移籍先を探し、マリナーズはヤンキースの出した条件をほぼ無条件で受諾― 正式発表されるまで当事者以外誰1人として知ることができなかった今回のトレード。この近年のMLBでも異例の移籍交渉はどのように進んだのか。



今夏のトレード期間でメディアを含めた米国民に最も衝撃を与えた理由は至って簡単だ。トレードが正式発表されるまで当事者以外誰1人として知ることができなかったのである。それではなぜ今回はこのような〝電光石火〞のトレードになり得たのか。


全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。