エルピーダ、プロセス技術の問題点

138_01_03.jpg

今年2月、エルピーダメモリは会社更生法の適用を申請した。なぜエルピーダは破綻したのか。半導体プロセス技術の視点から原因を探る。

「なぜエルピーダは倒産したんですか?」。

DRAMを詳しく説明する時間が無い場合、以下のように答えることにしている。

「1本100円の缶コーヒーを作るのに150円もかけていたからですよ」

過剰技術で過剰品質のDRAMを作る高コスト体質は、エルピーダ設立以前からの課題だった。この病気が一向に治らずほとんど利益を出せなかった。それが倒産に至った直接的原因である。この論考については様々な媒体に記事を執筆した。本稿では、半導体プロセス技術の視点から、エルピーダの存続がいかに困難だったかを論じてみたい。論点は2つある。(1)洗浄技術に互換性が無いことと、(2)本幸雄社長が開発センターを切り捨ててしまったことである。

原因1 洗浄技術に互換性無し

エルピーダは設立直後の2年間で、DRAMの世界シェアを17%から4%まで低下させた。この急激なシェア低下はなぜ起きたのか?

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。