2020年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

クリエイティブのまち青山

サブスク型レンタルで 洋服とのワクワクする出会い体験を創出

天沼 聰(エアークローゼット 代表取締役社長 兼 CEO)

0
​ ​ ​

スタイリストが10万着のなかからコーディネートした1セット3着の洋服がレンタル制で送られてくる『airCloset』。シェアリングエコノミーやサブスクリプションのパイオニアとして人気を博す。

天沼 聰(エアークローゼット 代表取締役社長 兼 CEO)

エアークローゼットがサービスを開始したのは5年前の2015年2月。当時は洋服のレンタルといえば、ウエディングドレスくらいしかなかった。

「ライフスタイルが豊かになるサービスを提供したいと思って事業をはじめました」と天沼聰代表取締役社長兼CEO。

「特に女性は仕事や結婚、子育てなどによって、生活リズムが変わってきます。ライフスタイルの変化によって、自分自身のファッションにかける時間にも制約がでてくる場合があります。それを我慢するのではなく、ワクワクする時間にしたい。そこではじめたのが、日本で初めて普段着をレンタルできるサービスでした」

新しい洋服との出会いの場

『airCloset』は、月額定額制で、スタイリストがコーディネートした洋服を自宅に届ける点に特徴がある。

「私たちには、お客様に新しいお洋服と出会って欲しいという思いがあります。お客様は、ご自身で欲しいお洋服全てを購入して着ることは難しいです。そこで、お洋服を一定期間着ていただくことができるサービスを提供して、その利用料をいただくという仕組みを考えました。お洋服をレンタルするということは、あくまでも手段にすぎません。お洋服とのワクワクする出会い体験をしていただくのが本当の目的なのです」

10万着の中からスタイリストがコーディネートした1セット3着が送られる。月額制で人気のレギュラープランは借り放題(毎回1セット3着)。

多くのアイデアからの事業構想

「当社は3人の創業者で立ち上げました。“ライフスタイルを豊かにするサービス”というコンセプトで、1~2か月の間に百数十以上のビジネスのアイデアを出し合いました。そのなかで生まれたのが『airCloset』というサービスです。3人で考えたアイデアをもとに、200人以上の女性にヒアリングして内容を詰めていきました」

残り67%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。


初月無料キャンペーン実施中!

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中