2019年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

パイオニアの突破力

史上最年長で東洋タイトル奪取 世界王座を狙う41歳プロボクサー

野中 悠樹(プロボクサー)

0
​ ​ ​

今年2月、OPBF東洋太平洋とWBOアジアパシフィックのミドル級王者となった野中悠樹、41歳。東洋太平洋タイトルにおいては、国内ジム所属の男子選手として史上最年長記録となった。勝利直後のインタビューで「伝説、作っちゃいました」と笑ったが、すぐに「これは通過点」と表情を引き締めた野中。目指すゴールはたったひとつ。年齢では区切らない野中の挑戦はいまも続いている。

文・油井なおみ

 

野中 悠樹(プロボクサー)

敗北を経験してさらなる高みへ
チャンピオンを目指す!

『Hard Luck』。不幸や不運、試練という意味だ。国内最年長王者となった野中悠樹のガウンの背には、この文字が刻まれている。

野中のガウン。『Hard Luck』の文字を背負い、リングに向かう

「全然ツイてる人間ではないですね。でも、自分を信じて頑張れば、どんな不運もひっくり返せると信じているんで。実際、いろいろありましたが、ここまで来られましたから」

高校を卒業後、バイク事故で寝たきりとなった野中。長い入院生活で気づいたのは、体の大切さ、健康のありがたさ。治ったら、体を動かすことで夢を追いかけたいと願ったという。

当時、夢中になっていたのは、K-1やボクシング。テレビで観戦する他、触れたことのない世界ではあったが、九死に一生を得た野中は、退院後、思い切ってボクシングジムの門を叩いた。

「テレビで観ていたのは世界タイトルマッチ。強い者同士の駆け引きが当時は分からなくて“俺でも勝てる”と思って観ていました。いざ始めたら、練習生や4回生ボーイにもボコボコにやられ(笑)。自分が思い描いていたものとは全く違う、厳しい世界でした」

それが野中の心に火をつけた。漠然と抱いていたプロへの夢が、すぐに現実の目標へと変わっていった。

21歳で迎えたプロデビュー戦は、ウェルター級で出場し、白星でのスタート。

ところが、翌年出場した西日本ウェルター級新人王予選では、当時、話題の京大医学部生ボクサー・川島実選手に1回戦で判定負け。3年連続、新人王予選に出場しては敗退し、3年目の挑戦では、初めてのKO負けを経験する。

この時、周囲は野中が引退するだろうと思ったというが、実際は違った。

「もっと強いヤツに勝てると思いました。必ずチャンピオンになる。このときそう決めました」

その後、スーパーウェルター級に階級を上げて挑戦を続けた野中。そしてプロ9年目、30歳となった2008年、念願の日本ウェルター級王座を勝ち取った。この試合で剥離骨折を負いながらも、3か月後の初防衛戦にも勝利。翌年には、東洋太平洋王座も獲得する。

現状維持には意味がない
常により強い選手に挑む

しかし、次の防衛戦では判定負けで王座から陥落。プロ10年目の32歳。すぐにでも次に挑戦したい野中に大きな壁が行く手を阻んだ。

「当時の所属ジムから“興行はしてやるけど、お前にもう金は出せん”と言われたんです。その時の気持ちですか? “あー、そうですか”と(笑)。とにかく試合をしたい。それしか頭になかった」

ボクシングには定年があり、その年齢は37歳。近年、選手寿命が延びているとはいえ、30代前半から半ばには引退していく選手が大半だ。

2つのタイトルを経験し、ここが潮時と考えてもおかしくない時期だったが、野中は満足していなかった。

「ボクシングの世界では、日本チャンプ、東洋チャンプじゃ、名前が残らないんです。もう少しで世界に手が届きそうなのに、そこで辞める気はなかったですね。だって、辞めて他のことに挑戦しても、世界一を狙えそうなものなんて、ないですよ。だったら、好きなボクシングで頂点を目指すのみ」

残った道はただ一つ。

自らスポンサーを集め、試合を組んでもらうことだ。

日中はハウスクリーニングの仕事に従事し、夜は練習。その合間にスーツに着替え、スポンサー探しに奔走する日々。野中は半年で400万円を集め、当時最も勢いのあった世界ランカーをウクライナから招き、再起戦に挑んだ。

「僕の負けが予想されていたと思いますが、世界ランクに上がるためには、できるだけ強い選手とやらないと。そこで勝つことに意味があるんです」

2010年9月。この試合で野中は10Rを戦い切り、勝利。世界スーパーウェルター級10位となった。

残り62%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる