2017年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

官民連携の新モデル

年間3000件の技術相談に対応 「紙産業」を支える公設試験所

愛媛県産業技術研究所・紙産業技術センター

0
​ ​ ​

製紙産業の集積地、愛媛県四国中央市。愛媛県産業技術研究所・紙産業技術センターには、市内の大企業から中小企業まで、年間3000件もの技術相談が寄せられる。地域産業にイノベーションを起こし続ける、公設試験場の取り組みを探った。

四国中央市の街並み。市内の就業者数の約半分が紙産業に携わっている

愛媛県の紙産業クラスター

出典:四国中央紙産業振興協議会名簿

年間3000件の技術相談

愛媛県産業技術研究所は、県の公設試験場で、研究部門は1部と4センターから組織されている。技術開発部(松山市)、紙産業技術センター(四国中央市)、繊維産業技術センター(今治市)、食品産業技術センター(松山市)、窯業技術センター(砥部町)からなり、県内での産業集積地にセンターが設置されている。

そのうち、紙産業技術センターは、戦前の1941年に愛媛県製紙試験場として設立された。全国でも紙産業に特化した公設試験場は4か所しかない。

現在、愛媛県内での紙産業は、そのほとんどが四国中央市に集積している。2014年度の愛媛県の出荷額は5,346億円で、そのうち98.5%の5,284億円を四国中央市が占めている。四国中央市は、平成の大合併で川之江市、伊予三島市、土居町などが合併して生まれた市である。

市内には様々な関連産業が集積している。四国中央市の紙産業は工業統計では234事業所10,246人(2014年)であるが、関連産業を含めると、2倍以上の518社にのぼる。市内の就業者数約4.3万人のうち、約半数の2万人が紙産業に従事していると推測されている。また製造品出荷額ベースでは約8割が紙産業であり、製造業の大半が紙産業となっている。

残り76%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる