AIBOから17年 ペットロボットはどこまで進化するか

1999年、アイボの登場によって新たに「ペットロボット」という市場が生まれた。参入障壁が下がった今、ペットロボット、コミュニケーションロボットはひとつのブームになっているが、普及はしていない。これからのロボットに求められるものとは?

ソニーの「AIBO」はペットロボット市場を創造するきっかけとなったPhoto by Kate Nevens

1999年は、ペット業界にとって新たな時代の幕開けだった。ソニーからペットロボット「AIBO(アイボ)」が発売され、日米欧で15万台以上を販売。ペットといえば犬や猫に代表される「生体」という常識が覆された。

アイボの登場から17年。当時と比べてモーターやセンサーの価格が下がった結果、資本力のある大企業だけでなく、ベンチャーもペットロボットやコミュニケーションロボットを市場に投入し始めている。

このロボットブームに着目し、ロボット事業に参入したのがDMM.com。2015年4月にDMM.make ROBOTSを立ち上げ、ロボットメーカーに代わってロボットの販売やプロモーションを手がける、世界初のロボットキャリア事業をスタートさせた。現在、国内外のメーカーが作った9体のロボットを販売しているロボット事業部の部長、岡本康広氏は、参入の理由をこう語る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。