人口約30名の島から「SAKE」を発信 レモンの酒で世界を狙う

広島は日本一のレモン産地であり、瀬戸内海の小さな島、三角島では良質なレモンがとれる。ナオライ・三宅代表は、こだわりの日本酒「スパークリングレモン酒」を開発。世界各地の人がお酒を囲むコミュニティづくりにも力を入れ、「SAKE」を世界に発信する。

瀬戸内の海に囲まれた人口約30名の三角島。自然豊かな環境の中で、レモンが育つ

広島県呉市豊町久比。瀬戸内海のほぼ中央に位置する安芸灘大橋からフェリーで10分ほどの場所に、三角島(みかどしま)はある。その人口約30名の小さな島に本拠を置くのが、世界に向けて日本酒を発信するベンチャー企業「ナオライ」だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。