自立共生型モデル「ローカルハブ」 地方の中核都市をつくる

地方自治体は地方創生総合戦略を策定し、その実現に向けた事業に取り組み始めた。今回は、地方の中核都市「ローカルハブ」をつくることに主眼をおいた書籍『地方創生2.0』を紹介する。

ドイツのローカルハブに学ぶ

著者は、「地方は経済の自立をすることが重要です。そのためには、地方のリード役となる都市『ローカルハブ』をつくらなくてはなりません。ローカルハブは、都市の規模によらず、5万、10万、30万といった都市のいずれも対象になります」と説明した。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り91%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。