2016年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

自然の宝庫は、ビジネスチャンス

公園をもっと自由に、楽しく 公共空間を変えるパークキャラバン

岡部 祥司(NPO法人ハマのトウダイ 共同代表)

2
​ ​ ​

公園に人口芝を敷き、キャンプをしたり、マルシェをしたり、料理をつくったり......。新しい公園の活用法を提案する「パークキャラバン」が、横浜で展開されている。仕掛けたのは、NPO法人ハマのトウダイ。公園に「自由」をもたらすべく、奮闘する。

「パークキャラバン」は、公園やビルの屋上などに人工芝を敷いてテントを張り、公共空間を楽しい場所に変える

「子供が生まれ、公園に行く機会が増えて、公園をもっと面白くしたいと感じるようになったんです」と話すのは、NPO法人ハマのトウダイ共同代表の岡部祥司氏。

本来、子供が自由に遊べる場、憩いの場である公園が、最近では周辺住民からの苦情対策で飲食禁止、ボール遊び禁止、ペット禁止など規制だらけになっている。そんな公園を「開かれた空間」として継続的に活用していけるようにと、ハマのトウダイが展開しているのが「パークキャラバン」だ。

残り83%

2
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる