地域社会に貢献するエネルギー事業

(公社)日本青年会議所・次世代グループ・サブシステム構築委員会(委員長、髙木祐樹)は、事業構想研究所が提供する「地域エネルギー事業創出・実践研究会」を実施した。

同研究会は、地域社会に貢献するエネルギー事業を創出・実践することを目的になされ、委員会のメンバーである、全国各地の若手企業経営者が参加し、2016年2月~7月まで行われた。

地域エネルギー事業の創出にあたって、ポイントがいくつかあるが、その大前提となる国の法制度の理解や再生可能エネルギー導入スキーム、再エネ先進国の状況と日本における短期~中長期動向予測、また地域経済へのインパクト度合いなどの基本知識を身に付けると同時に、実際に地域エネルギー事業を創出・実践することを前提に、全国3箇所の地域を選定し、実践活動をしながら研究を進めていった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り56%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。