2016年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

World Project Design

Alibaba創業者、ジャック・マー「あきらめることが、最大の失敗」

五味 明子(ITジャーナリスト)

0
​ ​ ​

「たくさんの失敗をしてきたが、あきらめるという最大の失敗はしなかった」そう自身の半生を振り返るAlibabaの創業者、ジャック・マーは、直感で信じたことをただひたすらにやり遂げ、世界的な企業を築いてきた。

Alibabaの創業者、ジャック・マーは「自分が優秀だと思ったことは、一度もない」と語る Photo by World Economic Forum

「生まれながらにして卓越したリーダーシップとカリスマ性を備えた、稀有の人材だと話をして5分でわかった」

ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義は、ジャック・マー(Jack Ma)に初めて会ったときの印象をこう振り返っている。マーの持つ天性の“人を動かす力”に魅了された孫は、その場で多額の融資を自ら申し出たという。

孫の読みは当たり、マーはその後、1999年に香港のアパートの一室でスタートさせたAlibabaを世界最大級のeコマース企業へと成長させ、2014年にはNASDAQ(NY証券取引所)に過去最高額となる250億ドルでのIPOを果たしている。いまや世界屈指のビリオネラーとして、そして世界で最も影響力のあるITパーソンの一人として、マーの名声は地球規模で拡大中だ。

失敗の連続のキャリア

現在の華やかな成功とは対照的に、マーの過去のキャリアは失敗の連続だったことはよく知られている。

「地元(中国杭州市)の大学入試には3度落ち、就職活動では30社以上断られた。数学が苦手で、会社の数字を見るのは今でもつらい。人生で自分が優秀だと思ったことは、一度もない」

マーはよくインタビューやスピーチの場で、決して優秀とは言えなかった半生を冗談交じりでこのように語る。だが彼の口からあふれる英語は、おそろしく流暢で明瞭だ。ノンネイティブが到達する最高レベルとも言える驚異的な英語力を、マーは中国国内だけで身につけている。

残り69%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる