スターバックス vs. コメダ 次のコーヒー市場の向かう先

昔ながらの喫茶店が減少する中、セルフサービスのスターバックスとフルサービスのコメダが着実に店舗数を増やしている。対極的な両社の現状とその戦略を探る。

スターバックス コーヒー ジャパン

Photo by Kure

 

創業 1996年、東京・銀座に日本第1号店(1971年、米国シアトルで開業)
代表者 関根 純
売上高 125,666(百万円)
店舗数 1,131(2015年9月現在)

コメダ

Photo by MJ-bird

創業 1968年に名古屋市で開業
代表者 臼井 興胤
売上高 47,968(百万円)
店舗数 657(2015年11月現在)

売上高

スターバックス

(2014年3月期現在)

コメダ

(2015年2月期現在)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。