2016年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

World Project Design

ベゾスの「哲学」は不変 Amazon、「IoT」で次の展開へ

五味 明子(ITジャーナリスト)

1
​ ​ ​

クラウドの最大手「アマゾンウェブサービス」が、新しいIoTのプラットフォームを発表。独走する同社が、新たなサービスを手掛ける狙いは何か。「すべてがクラウドで完結する世界」を目指し、挑戦が始まっている。

AmazonのCEO、ジェフ・ベゾスは、常にイノベ―ティブなサービスを生み出し続けている

2015年、もっともIT業界を賑わせたキーワードは「IoT(Internet of Things)」だろう。数年前から「モノのインターネット」という訳語で語られてきたが、ここにきて大手IT企業がIoTプラットフォームをいっせいにリリースし、それらを活用した成功事例を目にする機会が劇的に増えてきた。

新たなプラットフォームを発表

そして数多くのIoTプレイヤーの中にあって、改めてその存在感を増しているのがクラウド最大手のアマゾン ウェブサービス(AWS)だ。2015年10月、同社は年次プライベートカンファレンス「AWS re:Invent 2015」において、IoTプラットフォーム「AWS IoT」のベータサービス(正式提供前の試験的なリリース)を発表した。世界中のIT関係者は、クラウドとそのユーザーを熟知しているAWSならではの完成度の高さに、「IoTにおいてもAWSは強い」という事実を改めて思い知ることになった。

ここで簡単に、「AWS IoT」の概要について触れておこう。実は、AWSがIoTビジネスを手掛けるのは、これが初めてではない。AWSクラウドをベースにしたIoT事例は、すでに世界中で発表されており、たとえば国内でも、回転寿司チェーン店「スシロー」の取り組みが有名だ。レーン上を流れる寿司皿の下にRFIDタグ(無線ICタグ)を装着し、タグから次々と送信される大量のデータを取り込んでいく。

残り71%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる