デザイン思考でイノベーティブな保育施設を設計 日建設計の挑戦

子育てに関するニーズや社会環境は一昔前と大きく変化している。いかに正確にニーズを発見し、製品やサービスに反映するか――。保育施設のデザイン革新に取り組む、日建設計NADの手法に学ぶ。

東京インターナショナルスクールの学童教育では、表現の楽しさを学べるアリーナ型の空間を提案

子どもの成長を促す「場」の力

建築設計事務所大手の日建設計で、デザイン思考に基づいた「アクティビティデザイン」を通じて、空間やプロダクト、組織のデザインを行うNIKKEN ACTIVITY DESIGN lab(NAD)は、2013年の部署立ち上げ以来、すでに10ヵ所以上の保育所や学童保育のデザインに携わってきた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り89%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。