デザイン思考でイノベーティブな保育施設を設計 日建設計の挑戦

子育てに関するニーズや社会環境は一昔前と大きく変化している。いかに正確にニーズを発見し、製品やサービスに反映するか――。保育施設のデザイン革新に取り組む、日建設計NADの手法に学ぶ。

東京インターナショナルスクールの学童教育では、表現の楽しさを学べるアリーナ型の空間を提案

子どもの成長を促す「場」の力

建築設計事務所大手の日建設計で、デザイン思考に基づいた「アクティビティデザイン」を通じて、空間やプロダクト、組織のデザインを行うNIKKEN ACTIVITY DESIGN lab(NAD)は、2013年の部署立ち上げ以来、すでに10ヵ所以上の保育所や学童保育のデザインに携わってきた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。