2015年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

マイナンバー/コンシェルジュ型サービス

情報の紐付けで生活者利益を最大化 マイナンバーが紡ぎだす未来

岸波宗洋(事業構想大学院大学准教授、事業構想研究所教授)

1
​ ​ ​

マイナンバーの便益性は容易に想像できる。公共の福祉を前提とした社会的意義の明確なテーマから、優先的に事業性を検討していくことが肝要である。

2015年10月、国民ひとりひとりにマイナンバーが通知される。対象は、日本国民だけでなく在留・永住外国人も適用される。

そもそも、マイナンバーとはなにか?国民個別に12桁の番号を発布して、社会保障や税金、災害対策などにおいて、ワンストップの手続きや管理を実現する社会システムである。内閣官房が提唱する期待効果として、以下の3点を挙げている。

1 公正な社会の実現

 

2 国民の利便性の向上

 

3 行政の効率化

 

反面、マイナンバーが単に行政側のエゴ、あるいは個人情報の過剰な集約であるとし、またセキュリティ面からも批判的意見は多い。もちろん、個人情報の取り扱いについては、サイバーセキュリティ法案に象徴される動向において明らかな通り、相応に強化すべき分野であることは論を待たないし、本来個人の許諾によってのみマイナンバーによる付帯サービスを提供すべきであると筆者も考えている。

残り66%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる