地方創生の追い風 ~新たな再生可能エネルギーの攻勢

FIT・固定価格買取相場 木質バイオマス2,000kW未満=40円へ

これまで、FIT・固定価格買取相場において高値をつけてきた太陽光発電に代わり、新たに木質バイオマス発電で2,000kWh未満という小規模事業に対して、1kWh単価を40円にする方針を打ち出した(経産省「調達価格等算定委員会」による委員長案の提示)。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。