2015年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

MPDの本棚

「異業種に学ぶビジネスモデル」 ヒントは身近な異業種企業に

山田英夫(早稲田大学ビジネススクール(大学院商学研究科)教授)

1
​ ​ ​

ゼロから新たなビジネスモデルを作るのは、スティーブ・ジョブズのような天才と、そこにヒトとカネが瞬時に集まってくる仕組みがないと難しい。しかし、製品の差別化だけでは、すぐに他社に模倣され、コスト競争に陥ってしまう。このジレンマを解決する一つの策が、既存の業界にはなかった新しいビジネスモデルを作ることだろう。

「日本企業ができるビジネスモデルのイノベーションは、異業種にあるビジネスモデルを移植すること」と話すのは、競争戦略、ビジネスモデルを専門とする早稲田大学教授の山田英夫氏。

異業種からビジネスモデルを学ぶには、どこに着目すればよいのか。企業人にとって、同業他社から学ぶベンチマークには慣れていても、異業種に目を向けることは少ないだろう。しかし、アップルやグーグルのような海外の新しいモデルを見ても、すぐに自社に落としこむことは難しい。

残り72%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

事業構想セミナー・説明会

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる