投資の命運は、「朝」決まる

26歳の若さで独立系ベンチャーキャピタルを立ち上げた木下代表。類まれな行動力で人脈を開拓してきた経験を活かし、「起業家とベンチャーキャピタリストが出会える」仕組みを広げていくことに力を注ぐ。

「スタートアップスクール」には、これまでLINEの森川亮社長、gumiの國光宏尚社長などがゲストとして招かれている

「ベンチャーキャピタル(VC)の新しい形をつくりたい」

そうした思いを胸に、2012年8月に26歳の若さでスカイランドベンチャーズを設立した木下慶彦氏。2009年に大学を卒業し、大和SMBCキャピタル、インキュベイトファンドで約3年半、ベンチャーキャピタリストとしての経験を積んだ後の独立だった。

現在、スカイランドベンチャーズは、総額5億円のファンドを組成し、鮮魚流通プラットフォームの「八面六臂」、日報ソリューションの「gamba」など11社を支援し、支援先は着実に成長を続けている。

起業家との出会いを仕組み化

木下代表は、新卒で入社した大手ベンチャーキャピタルを辞めた理由について、自身のブログで「僕は特に前職で目立った実績があるわけではないけれども、僕が独立系ファンドを数年内に立ち上げられるとすれば、多くの大企業の人間は独立してもやっていけるように思う。そんなことを証明したい」と書いている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。