Kindle vs. kobo

タブレット端末の普及が進み、日本でも電子書籍の品揃えは充実しつつある。市場環境が少しずつ整う中で、アマゾン、楽天の競争はどこに向かうのか。両社のサービスを比較し、今後の可能性を展望する。

システムはKindleが圧倒、
koboは日本語対応で商機も

現在、koboストアの日本語コンテンツは20万冊ぐらいで、Kindleストアを若干上回っていると見られます。ただ、画像だけのようなコンテンツを1冊と数えたりするので、単純に比較することはできません。

koboは今年、先行して安売りをしかけ、販売数を伸ばしました。それでも今後、Kindleを超えるのは難しいでしょう。仮にkoboにだけ電子版を提供する出版社がたくさんあって、koboでのみ読める人気作品が数多くあるなら別ですが、実際はそれほどありません。また、楽天は以前、電子書籍の販売サイト「Raboo」を立ち上げて、撤退したことがあります。そのイメージを嫌がるユーザーもいるでしょう。

ただ、今年、北米市場において、ソニーが電子書籍サービス「Reader Store」の撤退を発表しました。そのユーザーは、koboに引き継がれます。ソニーのReaderは北米で善戦していたので、北米ではkoboのシェアはKindleに匹敵することになります。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り70%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。