ブランドの革新をにぎる鍵とは

すばらしいアイディアより“基本理念”

ビジョナリー・カンパニーⅠ
ジェームズ・C・コリンズ、ジェリー・I・ポラス(著)山岡洋一(訳)
本体1,942円+税/日経BP社

新規ビジネスは、カリスマ的リーダーがすばらしいアイディアを着想したことから生まれるのかもしれない。しかし、現在の激動する経営環境のもとでは、アイディアの着想が単発に終われば事業の拡大は困難であり、ましてやブランドの確立には到底至らない。

それではどうすればよいのか。コリンズとポラスが『ビジョナリー・カンパニー』で出した答えは、理想と価値観に基づいた「時計をつくる」ことである。長期的視点に立てば、すばらしいアイディアを待つよりも、基本理念を維持し、進歩への意欲を促すことが事業拡大にとって重要であることを、卓越した企業と普通の優良企業の比較調査に基づいて示されている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り66%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。