シンプルに実現可能性を伝える

2013年からスマートフォンでフリマアプリの競争が激化する中、2013年8月にメルカリはユナイテッドからシリーズAで3億円の資金調達を実施した。その事業計画書のポイントについて、代表取締役の山田進太郎氏に話を聞いた。
Text by 梅木雄平(The Startup代表取締役)

メルカリ代表取締役の山田進太郎氏はウノウというソーシャルゲーム会社を米国のソーシャルゲーム会社であるZyngaに売却した経験を持つシリアルアントレプレナーだ。

山田進太郎 メルカリ代表取締役

2013年2月にメルカリの前身となるコウゾウを設立し、スマートフォンのフリマアプリ「メルカリ」を2013年7月にリリースした。メルカリのリリース直後である同月にはEast Venturesから5,000万円の資金調達を発表している。翌月にユナイテッドから3億円の調達を発表している。

「East Venturesから資金調達したばかりということもあり、次の資金調達は少し先かなと思っていました。ユナイテッドは海外ユーザー比率が高いスマホ着せ替えアプリのCocoPPaを運営しており、CocoPPaとメルカリの主なユーザー層が10代から20代の女性であるという点から提携すればシナジーがあると考えていました。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り71%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。