組織を新設し、売上げ倍増──【事例2】 SAS Institute Japan

1人の現場担当者で新組織を立ち上げ。手探りの状態から始まったインサイドセールスは、データの蓄積やノウハウの確立が進み、成果をあげている。

SAS Japanの第一営業本部インサイドセールスグループのメンバー。(左から)横尾和幸、渥美鈴果、古賀信二

経営課題解決を支援するデータ分析のソフトウェア、サービスを提供するグローバル企業、SAS Institute は創業以来、37年連続で増収を続けている。日本では、11年からインサイドセールスグループをスタートし、12年には同部門の売上げが倍増するなどの成果をあげた。

SAS Japanでは、当時の立ち上げを指揮した宇野林之部長のもとで、1人の社員がまったくのゼロの状態から手探りで組織を作り上げた。担当したのは、第一営業本部インサイドセールスグループの渥美鈴果氏だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り75%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。