2014年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

グロースハッカー

POPで1店舗7000冊

梅原潤一(有隣堂ヨドバシAKIBA店係長)

1
​ ​ ​

有隣堂の名物書店員・梅原潤一氏は、独自のPOP術で本を売る。 自身の思いを掘り下げ、顧客に響く言葉を導き出し、POPで表現。 そのノウハウは、本に限らず、販売のあり方を考えるうえで示唆に富む。

梅原潤一 有隣堂ヨドバシAKIBA店係長

秋葉原のヨドバシカメラ・マルチメディア館7階にある書店、有隣堂の文庫売り場、ハードカバー小説の売り場は、キャッチコピーを書き文字で記した、たくさんのPOPで賑やかだ。書店業界で有名なPOPの名人、梅原潤一氏は2013年9月からこのヨドバシAKIBA店に勤務している。

いまや書店員が作成するPOPは、本の販売に大きな影響を与える。書店員が作成したPOPで火がつき、瞬く間に全国的なベストセラーが生まれることもあるほどだ。

梅原氏も出版社から事前に情報を得て、新刊を店頭に並べるときにはPOPをつくる。作成するPOPは平均して月4~5点。出版社サイドからは、梅原氏ら有力な書店員には発売前にゲラ(印刷・製本前の内容見本)が送られてくるという。

装丁・帯では伝わらない魅力

昔つくったPOPを再度利用することもある。たとえば、現在、ヨドバシAKIBA店の文庫売り場に平積みされている荻原浩著『神様からひと言』(光文社文庫)には、"読んでる途中で思わず「面白~い!」と声が出ます!"というPOPが立てられている。続けて"本当です! 私は258ページでつぶやきました"というフレーズがあり、思わず、258ページを開いてみたくなる。

残り72%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる