2013年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

市場を見る眼

クールジャパン政策と市場のリンク

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

「クールジャパン」を産業として育てるには、日本文化を世界の人々に理解してもらい、お金を回収する仕組みも含めた国としての文化戦略が必要だ。

アメリカのエコノミスト、ダグラス・マックレイは2002年の論文で「GNC(Gross National Cool、国民総魅力)」を提唱した。文化価値で国力を計る指標の1位には日本を挙げ、価値として、アニメや漫画などのサブカルチャーと、歌舞伎や茶道などの伝統芸能・伝統文化の二つを挙げた。

ブッシュ政権で国務長官を務めたジョセフ・ナイは、米国が軍事力と経済力というハードパワーを持ちながら、中東圏などの一部の国を納得させることのできない理由を、ソフトパワーが欠けているからだと分析した。そして、ソフトパワーを最も持つ日本に学ぶべきだと指摘した。

私は、海外から高い評価を受けたこれら日本のポピュラーカルチャーのコンテンツを「ジャパンクール」と呼んだ。これらに共通することは一般市民によって創作され、広がったということだ。浮世絵や歌舞伎を作り、楽しんだのは町人だった。現代のサブカルチャーもコミケやニコニコ動画のような場で広まってきた。

残り68%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中