2013年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

バイオミミクリーは世界を救う

「工学的視点」で自然界に隠されたヒント探る

望月修(東洋大学理工学部生体医工学科教授)

0
​ ​ ​

無理なく「社会のネットワーク」を機能させ、循環機能を高めるにはどうすれば良いのか。植物、生物、菌類などのメカニズムを「工学的」に探れば、そのヒントが見えてくる。

野菜と虫に学ぶ「樹冠都市」構想。『季刊大林』51号「バイオミミクリー」特集に掲載

私は今、泌尿器科の診察室ドアの前にいる。腎臓で3年かけて大事に育てた結石が膀胱に3週間滞在した後、先週、尿道を通り白日の下にその姿を現したためだ。

体で結晶体が作られること自体も驚きであるが、ゴツゴツした6.4ミリもある大きな異物を排出できる生体の能力に感心する。これが機械であったら、中の小さなパイプでたちどころに詰まって故障する。生物における自己修復機能や適応性、柔軟性という能力に、メンテナンスフリー、機械の信頼性向上、などに繋がる技術を見いだせるかもしれないなどと、この状況下でポジティブに考えている。

効率・性能で決まる仕事における工学的評価

残り79%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる