マーケティング立国ニッポンへ

科学で読み解く未来のビジネスヒント

未来を創るテクノロジーの「今」を解説した一冊。ニューヨーク市立大学理論物理学教授のミチオ・カク氏が、近未来(現在~2030年)、世紀の半ば(30年~70年)、遠い未来(70年~2100年)の各段階で、技術がどう進化するかを予測している。まばたき一つでネットにつながる「コンタクトレンズ型コンピュータ」、会った人の顔を認識して、名前や経歴を読みだしてくれる「インターネット眼鏡」、夢を録画する装置など、刺激的な事例が満載。
文=土井英司エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役

2100年の科学ライフ
 ミチオ・カク(著)/斉藤隆央(訳)/NHK出版/2,730円(税込)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り67%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。