広告会社対決! 電通 VS 博報堂DYホールディングス

電通と博報堂を合わせて「電博」と称されるように、日本の広告業界を牽引する2大巨頭である両社。長らく広告界のガリバーとして君臨する電通に対し、博報堂は、2003年に大広、読売広告社と経営統合して博報堂DYホールディングスを設立し、規模の拡大を図った。

メディアの多様化やテクノロジーの進化が起こる中で、両社の現状はどうなっているのか。また、両社のカルチャーの違いは、どのように数字に反映されているのか。経営理念や業績を比較し、両社の相違を浮き彫りにする。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り1%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。