自身の願望を開発に落とし込め

015_01.png

製品づくりの出発点となる発想型の仮説には、非常に大きな壁がある。発想しようという意識変革に、発想する頭は必ずしもついてこない。気が付くと、従来の分析に戻ってしまい、発想できなくなってしまう│このことを、前回述べた。

だから、理由を求めない発想をする必要がある。

ユーザーになりきり願望をあげる

それにはどうすればよいか。まずはユーザーになりきることだ。「今、求められているものは何か」について、分析から離れて迫っていかなければならない。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り73%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。