ハワイ・ソウルフード、日本に広めた男の肖像

今や、日本で大人気のハワイ・ソウルフード
「マラサダ」

マラサダをご存知だろうか? 元々はポルトガルの家庭菓子だったが、移民によってハワイに伝えられ、〝ロコ〞(=地元民)たちのソウルフードになった。フワッとした食感の、砂糖をまぶした揚げパンのような食べ物である。

masarata_01.jpg

そんなマイナーなローカルフードが、数年前から、日本全国の百貨店のハワイ・イベントで行列ができるほどの人気を呼び、地方都市にもマラサダ専門店ができる勢い。ハワイ・フリークが多く住む横浜〜湘南エリアのハワイアン・カフェに至っては、特に週末や祝祭日ともなれば、数十分待ちは必至だ。その仕掛け人・神谷亮廣さん(37)が今回の主役だ。

波乱万丈の半生を経て、7年前にワゴンによるマラサダの移動販売を開始。多くの困難を乗り越え、今では、マラサダの冷凍生地の卸売り(日本全国55店舗)、百貨店催事(ハワイ・イベントでのマラサダ製造販売)、ハワイアン・カフェの店舗プロデュース(カフェ・フラハワイ2店舗、カフェ・レフアほか)などの事業で、年商7000万円近くを創出するまでになっている。

日本で販売されるマラサダの大半は、彼のレシピで製造された冷凍生地を使用しているというから、我が国のマラサダ市場は彼が握っていると言って過言ではない。

実際、神谷さんの作るマラサダは美味しい。ハワイ出身の芸能人たちからも人気で、ある人気タレントからは「ハワイで食べるマラサダよりもはるかに美味しい!私と一緒にハワイでビジネスをしませんか!?」と誘われたという。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。