「現場の声」を汲み取り中小企業支援

062_02_05.jpg

「民間の視点」で中小企業支援の拡充に動く神奈川産業振興センター(KIP)。自ら会社を経営し、4年前にKIP会長に就任した神谷光信氏に、今後の展開を聞いた。

今年で第34回を迎えた工業技術・製品の総合見本市「テクニカルショウ ヨコハマ」。出展する企業・団体が400社以上、来場者は3万人を超える、神奈川県下で最大規模の見本市だ。このイベントを主催するのが、神奈川産業振興センター(KIP)。1953年に設立された財団法人を母体とする、県の第3セクターである。KIPはメカトロニクスやハイテク機器など先端技術に焦点を当てた「テクノトランスファーinかわさき」といった見本市、ベンチャーや新ビジネスを対象とした「かながわビジネスオーディション」なども実施しているほか、中小企業の人材育成を目的に様々な研修事業を実施してきた。

しかし、これらのイベント、研修事業はKIP主要業務の1つに過ぎない。KIPは常設の窓口で行う創業・経営革新から海外進出まで12項目の「経営相談」、月刊情報誌やホームページなどでの「情報提供」、神奈川県の経済動向についての「調査・分析」を手掛けてきた。また、創業予定者やベンチャー企業に対し、オフィススペースを安価で貸し出すインキュベート事業を実施しており、入居者(創業予定者等)が直面している経営課題の解決のために、日々、KIPの専門家が入居者に対して支援を行っている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り67%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。