防災ガイド2016年度版
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

災害発生時の対応及びその備え

SNS等の民間情報ツールを活用したソーシャル防災・減災

防災ガイド 編集部

0
​ ​ ​

広域災害が発生すると、国や地方の行政機関や地方公共団体の対応には限りがあり、特に小地域に関する情報が不足する。また、紙や音声の情報が多く、情報の整理・管理は効率的とはいえない。このような課題に対応するためにSNS等の民間情報の活用が考えられる。

SNS等の民間情報を活用することのメリットは、広域においても小地域においても情報収集やコミュニケーションが可能であり、適時性が高い情報や、履歴情報も収集可能である。さらには「普段使いツール」であり、国の行政機関や地方公共団体に設備投資のための著しい予算負担がないことなどである。

しかしながら、国の行政機関や地方公共団体におけるSNS等の民間情報の活用が十分に行われているとは言い難い。

ソーシャル・センサーの感知情報

SNS等の民間情報の特徴は、リアルタイム性が高く、不特定もしくは特定 多数の利用者からの情報・情報源であり、場合によっては位置情報を持っていることである。

残り71%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

防災ガイド、発刊

世界初!防災対策の指南書
官公庁の主要政策、自治体の防災・減災事例、防災ソリューションが一挙にわかる。

月刊事業構想を購読すると、防災ガイドをオンラインで全文読むことができます。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる