2014年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

グロースハッカー

人力の対応が口コミ誘発

閑歳孝子(Zaim 代表取締役)

1
​ ​ ​

本格的なスマートフォン時代に突入し、ユーザーがスマホアプリで使いたいサービスの二位に家計簿アプリが挙げられるという。SNSのようにソーシャルで拡がるサービスとは言い難いこの分野で、Zaimは既に100万ダウンロードを突破している。Zaim閑歳孝子氏にそのグロースハックのポイントを聞いた。

Zaim 代表取締役 閑歳孝子(かんさい・たかこ)

予算ではなく、知恵を使う

「グロースハックはバズワードかなと思っていましたが、概念として定着してきたと実感しています。ABテストの置き換えに留まらない概念です。既存のマーケティングは予算ありきでマスメディアを使って如何に一気に認知を拡げるかという点に主眼が置かれていたと思います。一方のグロースハックは、お金をかけずに如何に効果的に認知を拡げて継続率を上げるかという概念であり、今までのマーケティングとそこは混同してしまっていた気がします」。

Zaimはリリースから約丸二年が経つ。現在は100万ダウンロードを突破しているが、ここ一年でスマホが一般層に普及してアプリ市場の拡大に乗じてアプリのダウンロード数が日に日に急増しているという。グロースハックの施策としては、「AARRR」で言うとダウンロード数がAcquisition(獲得)、ユーザー登録がActivation(活性化)、ウィークリーアクティブ数(WAU)がRetention(継続)となり、その3つを追いかけているという。

残り75%

1
​ ​ ​

この記事の感想はこちらへ

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら

週間ランキング

日本一の庭園、外国人が急増 米国の専門誌で13年連続トップ

決済サービス「Square」を生んだ米国発DIYスペース、日本進出

潜在市場は「30億個」 乾電池のIoT化で生まれる新市場

歴史的建築物を「マネタイズ」 地域から引く手数多のベンチャー

超過疎100集落で人口増の県 地域特性に見る「強み」と「弱み」

最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる