2012年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

Googleが目指すクラウドの先

ベンチャーが狙うクラウドの「商機」

月刊事業構想 編集部

1
​ ​ ​

クラウドのマーケットで、独自の成長戦略を描き、世界を見据えてビジネスを展開する企業が生まれ始めている。

クラウド・サービスの充実は、スタートアップ期のベンチャー企業に多大な恩恵をもたらしている。10年前ならば、大企業でなければ導入できなかったような情報システムが、小さなベンチャー企業でもクラウド上で手軽に低コストで実現できるのである。

また、ベンチャー企業にとって、クラウドは大きな商機をもたらす成長マーケットでもある。アメリカでは、「ドロップボックス」のようなサービスがベンチャー企業によって開発され、大きな成功を収めている。日本でもクラウドを舞台に、世界を視野に入れたビジネスを展開する企業が現れ始めた。そうした企業の一つが、ソニックスである。

「モバイル・ファースト」で世界を見据えるソニックス

ソニックスの吉澤武則社長は、「日本での新規株式公開やM&Aは考えていません」と語る。同社は、2010年に事業を開始。世界の革新的なテクノロジーベンチャーに贈られる「2011 Red Herring Global Top 100」を受賞するなど、その技術力に対する評価は高い。

現在、クラウド上でアンドロイド端末向けアプリの動作確認テストを行うサービス「Scirocco Cloud(シロッコ・クラウド)」を提供している。このサービスを使うと、アプリの開発企業は、ネット経由でソニックスが用意した実機を利用し、テストを行うことができる。もともと、そうした企業が自社で動作確認をする場合、主要端末だけで何十台も用意しなければならなかった。この作業を自動化したのである。吉澤社長は、事業のターゲットをアンドロイドに絞った理由をこう語る。

残り61%

1
​ ​ ​

この記事の感想はこちらへ

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら

週間ランキング

日本一の庭園、外国人が急増 米国の専門誌で13年連続トップ

決済サービス「Square」を生んだ米国発DIYスペース、日本進出

潜在市場は「30億個」 乾電池のIoT化で生まれる新市場

熱き公務員、まちを動かす 「リノベーションスクール」の挑戦

超過疎100集落で人口増の県 地域特性に見る「強み」と「弱み」

最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる