2020年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

Topics

スノーピーク アウトドアリゾート化目指し白馬村に拠点を開設

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

新しく開業する施設のイメージ図

長野県の北西部にあるリゾート地の白馬村に、観光の中核拠点となる施設が生まれる。スノーピークは、2020年4月に白馬村に開設する体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」の詳細を、2019年11月8日に公表した。国内最大級のスノーピーク直営店、ミシュラン三ツ星の和食店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹氏が監修するレストラン、スターバックスと白馬村観光局インフォメーションが入居する。

白馬村では、スキーシーズン以外も楽しめるマウンテンリゾート化に向けた様々な取り組みが進んでおり、LAND STATION HAKUBAの開業もその一環だ。隈研吾氏の設計による商業施設の外には、芝生で遊べるエリアとイベントエリアを設け、キャンプや焚火を楽しんだり、地元の野菜などを販売するマルシェで買い物できるようにする。レストランでは地元産の食材を使った料理を提供し、施設内のスターバックスでは、スノーピークの椅子でコーヒーを飲める。さらに、スノーピークのアウトドア用品をレンタルし、同施設を拠点に白馬エリアを楽しめるようにするほか、隈氏が設計した木製トレーラーハウス「住箱」2台では宿泊も可能になる計画だ。

スノーピークCEOの山井太氏は「スノーピークは海外展開を積極的に進めているところ。LAND STATIONには、白馬に欧米から旅行者を呼びこむ効果と共に、白馬でスノーピークの製品を体験した人が本国に帰ってからスノーピークの製品を買うようになる、という効果も期待している」と語った。

残り46%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる