2018年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

未来鳥瞰 ~2018年の新市場~

育児動画で狙う巨大市場 「中国×動画メディア」の可能性

鳥巣 知得(ワンドット CEO)

1
​ ​ ​

一人っ子政策の撤廃等により、高い成長を続ける中国のベビー市場。その規模は、40兆円という試算もある。また、スマホ・ユーザーの増加により、動画コンテンツ市場も拡大。「育児動画×中国」の成長領域を狙うベンチャーがある。

今、中国の子育て環境は大きく変化しているという(写真はイメージ)

この数年、SNSでも動画を目にする機会が増えるなど、動画コンテンツ市場が拡大しており、参入する企業は増えている。そうした中で、「育児」というジャンルに目を付け、しかも「中国」で展開することで結果を出している企業が、ワンドットだ。

ワンドットは2016年12月、ユニ・チャームと、ボストンコンサルティンググループで大企業と共に新規事業立ち上げを担う組織、BCG Digital Venturesが共同で設立した。2017年2月には、中国で育児動画メディア『Babily(ベイビリー)』をスタート。同年11月、ユーザー数(動画プラットフォーム上でのフォロワーやファンの合計数)は、200万ユーザーを突破した。

鳥巣 知得(ワンドット CEO)

育児の情報ギャップにチャンス

『Babily』は、育児ノウハウ、離乳食のレシピ、手づくりグッズのつくり方などを1分動画で配信。中国最大のSNS「Weibo」などに展開している。

事業を立ち上げるにあたり、「育児×中国」の領域を狙うことは、初期に決めていた。ワンドットのCEO、鳥巣知得氏は「中国市場には大きなチャンスがあります」と語る。

残り78%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる