2017年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

Topics

訪日外国人も広報誌の読者に 変化するコミュニケーション

月刊事業構想 編集部

1
​ ​ ​

高まるインバウンド(訪日旅行)需要を自治体や企業はいかに取り込むか。11月10日と17日、東京と大阪でそれぞれセミナーが開かれ、顧客対応からツール多言語化などの取り組みが紹介された。セミナーの主催はプロ向けフォント(書体)で国内トップシェアのモリサワ。

現在はインバウンド対応の情報発信ツール提供にも力を入れている。第1部の基調講演では東京・大阪両会場共通で東海大学文学部広報メディア学科の河井孝仁教授が基調講演を行った。冒頭にオランダ・アムステルダム市の事例を紹介。同市では市民のシビックプライドの醸成を促す言葉として「I amsterdam(I am+Amsterdam)」というスローガンを掲げている。

残り78%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる