2017年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「自然資源」はチャンスの宝庫

主役は「地域」、秋田に外国人を呼ぶ ベンチャーがDMOに挑戦

須﨑 裕(トラベルデザイン 代表取締役)

1
​ ​ ​

地域に眠る多様な文化の可能性に気づき、秋田において、観光商品の開発・発信を行うベンチャー企業を立ち上げた須﨑裕氏。地域が主体となった「着地型観光」で、インバウンドの需要開拓を狙う。

秋田の伝統的な狩猟文化である「マタギ」の体験ツアー。マタギに弟子入りをした青年が企画し、トラベルデザインが海外に発信している

外国人が観光に訪れる場所と言えば、真っ先に東京や京都などが思い浮かぶ。しかし、秋田市に本社を置く旅行企画会社、トラベルデザインの須﨑裕社長は、それらの地域でビジネスをすることは考えなかった。

須﨑社長によれば、観光ビジネスは「商品をつくる(デザインする)」、「売る」、「受け入れる」の3ステップに尽きるという。

「東京や京都はすでにデザインができている地域だから、新たにデザインを起こす必要はありません」

須﨑社長は地方に可能性を感じていた。では、なぜ秋田だったのか。

残り86%

1
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる