広告会社、ワイナリーに挑む 北海道の準限界集落を「北の楽園」に

総合広告代理店・DACグループが、北海道の準限界集落地・仁木町に、ワイナリーを建設。モデルとなるのは、ワイナリーによる観光振興に成功した、カリフォルニアのナパバレー。既成概念を打破し、日本において、新しいワインツーリズムの確立を目指す。

北海道仁木町の美しい景観を一望できる丘に土地を取得。「北の楽園と呼ばれるワイナリー」を目指して建設が進む

広告代理店が、新規事業としてワイナリーを建設。しかも、ワインを造って売るだけでなく、レストランや宿泊施設、イングリッシュガーデンも建設し、ワインツーリズムによる地方創生を目指す。一見、途方もないようにも思えるが、総合広告代理店・DACグループの石川和則代表には、確かな勝算がある。

「DACグループは、DACホールディングスを含む9社の広告会社と3社の農業法人、1社の社団法人からなり、グループ総売上げは100億円を超えます。もともと、グループ内で農業を手掛けており、観光ソリューションやグローバル広告(インバウンド)による集客のノウハウもある。これまでに培ってきた強みを活かし、地方創生に貢献することは、100億円企業に成長した当社の使命だと考えています」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。